ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

100切りの絶対条件! 左腕とシャフトでくの字を作りハンドファーストインパクトを目指す

2018年01月28日

アマチュアの皆さんにとってハンドファーストインパクトは永遠のテーマである。やってるつもりでも殆どの方ができていない。相当な角度をイメージして特訓しないと中々できるもんじゃない。

 

グリップの強さも影響していると思う。ギュッと半端でない力で握ってハンドファーストにすると右にしか飛んでいかないイメージが焼き付いてしまう。いつも言っていることだが、グリップはドアノブをカチャカチャ回せるぐらいの強さが妥当である。

 

今回のテーマは左手首内側とシャフトでできるくの字をキープしたまま、ヒール側を落下させてハンドファーストインパクトを形成することである。ハーフスイングのトップからなるべく右肩を出さないように、シャフトの内側が腰回りに巻き付くように、下半身のリード(左足の踏込みと右膝のキックイン)で下りてくる。くの字を90度くらいキープしたまま落下させるには、右半身を低く押さえ込めないと、ヒールから接地できない。これまでよりかなり低重心インパクトに感じるはずだ!

 

接地後は左頬の角度を変えずに左胸を積極的に後方に引き、フェースにボールを乗せてみよう。正面から見て左肩からヘッドまで一直線になり、フラットリストが形成できれば方向性抜群、手打ちを防止できる。後方から見た時に左手首が甲側に折れないようにしたい。また、左頬とヘッドがフォローで少しでも引っ張りあえてエクステンションを感じてくれるといい。

 

SWから7番アイアンまで左手一本で打てるようにしたい。左サイドが動けるとフェース面を変えずに体の回転で打てる。最初はティーアップのボールをナイスコンタクトできるようにしたい。ボールに合わせにいくとゴムティーを叩きます。顎の位置を高くキープして、なるべく右肩を前に出さず、くの字をキープして横から払うように心がけるとクリーンヒットできます!

 

このドリルを根気よくやることによって、体の回転でフェースに乗せて運ぶ打ち方をマスターできます。いつまでも引っ叩いていたら上達が遅れますよ!


Archives

website by Cube Net