ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ゴルフスイングのイメージ 手打ちとボディターンの見極

2018年02月09日

これを見たらあなたのスイングが手打ちかボディターンのどちらでスイングしているか一目瞭然!

 

残念ながら、殆どのゴルファーは前者でスイングをしています。バックスイングしたら、誰もがボールに向かって打ち付けたくなるのは当然の心理。要するに上げたら下ろせばいいんだ!って思うんです。

 

ゴルフ以外の投打スポーツの経験者ならこちらの説明で大方ご理解していただけると思いますが、力の伝導というものは足裏を通して地面から力をもらっています。よって捻転した体を下半身から解きほどき(左足の踏み込みと右膝のキックイン)、順々に体幹→腕→道具へとパワーを伝達していきます。これを動きのsequenceと言い、投打スポーツの一流選手は一貫性のあるsequenceでスイングフォームに流れがあるのが特徴です。

 

トップからクラブの落下に伴い、右手のひらが真上を向く感じで右肘を脇腹前に絞り込んでくると、クラブは体に巻きついてリリースのタイミングを遅らせることができる。回転軸をブラさずに手元を引きつけて小さく回転し続け、左胸がしっかり後方に引かれたあたりでインパクトを迎える。トップから打球直前まで粘りに粘って時間差(タメ)を作れると角速度が上がり、打球後の回転力が一気に向上!飛ばないわけがないでしょ!

 

トップから直線的に行かないように、クラブを持たないシャドースイングで体に染み込むまで練習してください。お願いします!


Archives

website by Cube Net