ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

誰でも簡単に寄っちゃうクラブフリーのアプローチ

2018年02月11日

なぜ、アプローチでミスを繰り返すかって?それはクラブに仕事をさせないで、自分からどこか不自然な能動的な力が加わるからである。

 

指でクラブをつまんでグリップエンドを支点に振り子運動をさせると、自由に動きたいという慣性が働きます。これがクラブフリーです。

 

グリップエンドを胸骨に当てて振り子運動をしてみてください。この動きに同調して胸骨で左右に動くようになると、振り子バランスが稼働。

 

次にグリップエンドを胸骨につけたまま、シャフトの真ん中を横から両手のひらで押さえて、両肘でクラブを吊るようにしてスイング。振り子バランスを感じると、腹筋が左右に捩れますね⁉︎クラブの慣性に一任できると、大きな筋肉がゆっくり動き出します。

 

フットワークも大事です!バックスイングで右に動くのはダメだけど、切り返しで胸骨の動きに同調するように右膝を横にキックインすると、継続してフォローも滑らかになり、バック1;フォロー1の振り幅でイーブンペースでスイングできるようになります。

 

クラブの重さを感じられなくなる、強グリップはスイングの妨げになります。よく言われますが、歯磨き粉のペーストがブチュッと出てこない程度がベスト?みなさんに聞くと落ちない程度に触っているぐらいだそうです。でないと胸骨と同調できないし、クラブフリーにできません。

 

寒い冬は家の絨毯や座布団の上でクラブフリースイングの練習ができます。まずは右手一本での同調、慣れてきたら両手でチャレンジして見てください!


Archives

website by Cube Net