ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

興味津々ゴルフギア パッティングアークの使い方

2018年02月18日

日本キャンプレッスンで使用して重宝しています。パッティングアークをご紹介します。

 

G1ではパッティング指導の際、押し型ストロークを推奨しています。ボールをパチンと弾いたり、下から上に擦り上げたりするストロークではなく、低く押してボールの芯を撃ち抜くストロークです。何かに例えるなら、ビリヤードのキューでスーッと惰性で付いて押し玉を打つ時の感じに似ています。

 

そうするための条件が揃って要るパッティングギアがパッティングアークなのです!ボールを低く押して芯を撃ち抜くための条件は3つあります。

 

胸骨の真下にボールを置き、ライ角が直角のパターを使用する訳でないので、どれもパターの軌道は真っ直ぐではなく緩やかなアークであることは当たり前。イメージの中でインパクト直後15cmはフェーススクエアであるが、徐々にフェース面は軌道に沿って少し左を向きボールを包み込む。ボールにフック回転を与える感じがするが、実はこれこそが順回転で正しいロールなのです!

 

2つ目はパッティングアークには振り幅の目安となる枠がついています。私の推奨する振り幅はバック1:フォロー2のフォロー側重視の押し込み(打ち抜き)スタイル。胸骨とグリップエンドの連結した振り子バランスを感じて、バックスイングからインパクトまではヘッドの戻りを感じるように同調。インパクトから先は勢いのあるヘッドの慣性を上手く利用してボールを低く押すとフォローは2倍になる。

 

インパクトで止めるとパンチが入り、1:1だと擦り上げるし、1:3だとインパクトがボケます。インパクト時に少し左手甲がヘッドより先行したハンドファーストで押せるとこの値に合致してきます。始動時に少しフォワードプレスを入れると、打ちやすいです!

 

3つ目は低く押し込んで撃ち抜くストロークができているか確認できます。ストローク中にヒール側が浮いて枠の上にはみ出て振るのは、手首が折れて、フェース面がめくれている証拠。これだとボールの側面を下から上に擦り上げている証拠でボールを撃ち抜いていません。ロングパットにショートミスの支障がでます。ラウンドレッスン中、この指摘が非常に多いのです!

 

皆さんがパッティングのキーポイントとなる核心部分をこのパッティングアークでイメージできたら幸いです!

 

購入希望の方はこちらまで

ゴルフパートナー松戸中央店(田中まで)
Tel. 047-308-5515
Fax. 047-308-5516


Archives

website by Cube Net