ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

フリックには、左のイメージシャフトドリル

2018年03月02日

ツッチーです。
2月のポートアイランドレッスンが終了しました。

 

今回のポートアイランドレッスンでも、
おなじみ左のイメージシャフトのドリルが大活躍でした。

 

フリックの強い方には、特におすすめで、きちんとこなせば直ります!

 

左サイドというのはスイングにおいての軌道、

ハンドファーストを作るために大切な部分です。

 

ボールを打つ気持ちが強すぎて、手首でクラブヘッドを返してしまう方が多いです。

 

手首が折れた状態(フリック)では、

インパクト後の出口を安定させることもできません。

 

画像:イメージシャフトのドリル

重心を落として、ハンドファーストを作っています。

左膝が開いているように見えますが、それはかなり低い重心にしているから。

まずは左手の動き(シャフトと腕のくの字)に集中。

 

画像:左手一本ドリル

トップでクラブが軽くなるところに上げる。

スイング中グリップが身体の近く(肩の下)を通るようになれば、OK。

 

番手によって出玉(フック、ストレート、スライス)が大きく異なる方がいますよね!?そんな方はクラブのライ角チェックをオススメします。

アドレスした時にトゥ側が2ミリ(1円玉2枚)浮くのが正しい。

 

G1スイングはフラットにするのがオススメです!


Archives

website by Cube Net