ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

タメの練習方法 アライメントスティックでダウンの助走を長く取れると絶対飛ぶ!

2018年03月07日

いつもインパクトロフト過多で弱々しく高く上がって距離がでない。ミスショットの連続で初心者の域を脱しきれない皆さんには、是非このドリルをやってもらいたい。

 

タメ(巻きつき)はスイングの中核をなし、角速度を形成して、体を素早く回転するのに欠かせないパートである。

 

従来のタメと言うのは、トップから最短距離で上げて下ろす。ハッターで言う大根切りみたいなもの。この方が溜まって下りて来るように感じるみたいです。しかしこれだとグリップが前に出て肩が開いてドアスイングになり、スライスが止まらなくなる。

 

僕はトップからインパクトまでは助走をなるべく長く取るのが持論!巻きつきながら落下して、体の後ろから低くまーるく正面に戻すまでゆっくり、ゆっくりです。バックスイングが早くてもダウンは急がない。バックが遅いとダウンが早くなるから気をつけたい。

 

助走を長く取るには、ダウン時に正しい動きのシークエンス(順番)で体を巻き戻す事が大事。
切り返しで先に右肩やグリップが前にでたら、前述したようにドアスイングでカット軌道になる。

 

正しい動きはトップで奥にしまった右肩を前に出さずに、対極で1番遠い左足の踏込み→左脇腹の後方への切れの順で巻き戻し、トップで刀の鞘を残して刀だけを抜くイメージがゴルフスイングであり、タメを作る最良の方法なんです。

 

めちゃくちゃ巻きつくとか、トップに置き去りにするとか、下半身が下に沈み込むとか、様々な動きが想像されるでしょう?この動きが出来たら、インサイドアタックが可能になり、安定した入射角で捉えて、かるく振ってもめちゃくちゃ飛びますよ!

 

本来クラブをビュンビュン振り回す人の多くは体の硬い人が多く、体の回転やストレッチ性を重要視していません。よって余計アウトサイドイン軌道を誘うのです。正しいスイング理論を身につけ、ごく普通の柔軟性を維持していけば、長くゴルフができるし、飛ばしへの欲望も満たされると言うものです。

 

アライメントスティックでストレッチ性を感じながら巻きつくように振り続けると、自然とタメが身につきます。是非練習して下さい!


Archives

website by Cube Net