ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

失敗しない左足下がりの打ち方

2018年03月11日

左足下がりの練習はアイアンを強くする!

 

ただ単に傾斜に逆らわずに背骨を地面と直角にセットしただけで、いつものスイングをするだけなのだが、アマチュアの皆さんにはそこが難しいみたいです!感覚的に物凄く左足荷重で構え、いつもより左斜め下に振っている感じなんだが、そこはしっかり練習しないと中々感覚が掴めないと思う。

 

動画にもあるように、ミスショットの大半はボールを上げようとして背骨が右に傾き(スウェイバック)、荷重が右足に残った時である。だいたいトップかダフリだ!このショットで大切なのはしっかりクラブをタメて下ろせること。ダウンと同時にキャストリリースしてたら、ダフリの温床で上達のめどが立たない。

 

いつもと同じで切り返しは、トップの左肩が開かないように左足の踏み込みと右膝のキックインを合図に右前腕の回外と同時にクラブを右腰横にストーンと垂直落下。引きつけて後ろから低くまーるく下ろしてきて、左手首内側とシャフトの角度(逆くの字)をキープしてクラブのヒール側から落下してタイミングよく左胸を後方に引いてやると、上手く抜けていきます。

 

また、アドレス時からどっしりとした腰の座りが大切。前面の太腿に両手が乗るくらい股関節を曲げて(引いて)構えることが大切。でもこれって一旦上にジャンプして着地した時の安定した重心位置と同じでノーマルアドレスです!

 

この股間節の角度を変えずに、左手の手刀が左太腿前面を擦って行けるぐらい左へ振り抜くのが、左足下がりに対する正確な円軌道を描けるかのキーポイントになります。ダウン時に左膝が伸びちゃう人はボールに届きませんからご注意ください!

 

左足下がりを克服し、しっかり球も上がって距離の出せる人はアイアンの名手と言っていいでしょう。タメてハンドファーストインパクトのできている証拠です!


Archives

website by Cube Net