ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ベストスコア更新!!

2006年04月05日

今日は午後から豪雨と雷。
幸いラウンドレッスンは午前中だったため、無事回ることができた。
香川から来た14歳の中学生K.S君(ゴルフ暦1年)春休みを利用しての参加だ!
入校したのは2日前、最初に見たときの印象はのけ反ったフィニッシュ、極端なインサイドアウト軌道でマン振りスイング。ジュニアゴルファーによく見られるケースだ。インパクトで詰まってプッシュアウトが良く出る。このままこのスイングを続けていると、必ず腰をやられる。その日に矯正した。
1.オープンスタンスにしてバックスイングで腰が回りす  ぎるのを抑える。
2.ショートバックスイング(シャフトが空を指す程度)
3.トップで左肘を突っ張らない
4.ダウンで頭を飛球線方向にながさない
5.ボールを一旦左に出して、小さなスライスボールを   打たせる
6.フィニッシュで右肩があごの下にくるまで回して、   左足一本で立つようにした。そうすれば、右足つま先 でトントン地面を叩いてバランスよく立つことができる。
私はこのようなケースでは、逆発想転換で考える。
極端なインサイドアウトのためにフックとプッシュアウトが起こるのなら、極端なアウトサイドインでスライスまたは引っかけを打つようにすればいい。K.S君の場合は左45度に打つように心がけて次第にストレートボールに変化していった。
K.S君は今日のラウンドで見違えるようなボールが打てるようになり、これまでのベストスコア87から81(40・41)に更新することができた。
ラウンド中、私のアドバイス通りのコースマネージメントを実践し、残り2ホールを残して70台がでる勢いだった。私自身ものすごく興奮した。この瞬間はコーチでしか味わえない瞬間だ。しかし、ショートパットが入らずそれは達成できなかった。データーを振り返ってみると
2m以内のショートパットが5回も入っていない。
ヘッドを閉じてフォローで開くカット打ちのためだ。
ラウンド終了後、1.5mサークルパット20回連続カップインと軌道修正をした。70台ももうすぐだ!頑張れ中学生!


Archives

website by Cube Net