ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ヒンジングホールドショット!

2006年04月06日

今日のレッスンではサンドウェッジのヒンジングホールドショットを教えた。別名 クリックショットとも言う。当たった音がマウスのクリック音に似ているからです。
この打ち方はボールに小さな圧縮を加えて、低くスピンがかかりながら、転がしていく打ち方だ!日本ではスピンボールとでも言うのでしょうか?
1.クラブを短く持ち、ボールは右足つま先前に置く。
2.体重配分は左7右3の割合で、少しハンドファーストに構える。
3.クラブヘッドを低い軌道で上げる意識を持ち、上半身の動きに合わせて手首は自然にコックしていく。
4.切り返しでは右膝を飛球方向に送り込み、手首のコックを解かないようにして、クラブのリーディングエッジをボールの赤道に当てるようにインパクトする。
5.フォローではフェース面を変えないように、ヘッド低く出していく。

20060419-pitti.jpg

ポイントは怖がらずにハンドファーストで、ボールの赤道をトップするつもりで打っていくことです。そして、ボールを圧縮することも大事だ!この感覚を覚えるにはクラブのリーディングエッジを何かの角に押し当てるとわかる。実際、ダフッたボールではいくらやってもスピンはかかりません。それは、スピンの要素はトップボールにあるからです。生徒さん達も、この打ち方を覚えて大喜び!このショットはスピンコントロールの第一歩です。
今後も様々なショットを教えいていきます。


Archives

website by Cube Net