ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

腰の回り過ぎは身体のオーバースイングと考えろ!

2006年04月28日

4/28 晴れ時々曇り 26℃
トップを深く回せばボールが飛ぶものだと思っていた、N.Nさん。オーバースイングが中々直りません。逆に体がクルクル回ってるだけで、クラブヘッドスピードに還元されていない気がするそうです。オーバースイングを直して、コンパクトなトップから身体の切れで打っていきたいんですが、どうしたらいいんだろう?
オーバースイングの直し方

20060428-hip 1.jpg
20060428-hip 2.jpg

?壁や電柱を背にして立ち、お尻を壁につけてアドレスを取ります。バックスイングをしていくと、右のお尻が左へこするように動いてしまうのは、腰の回りすぎだと思ってください。
?右のお尻が全く動かずに上体を捻れると、右足の土踏まずに体重が乗ります。そして、左の脇の下から背筋にかけてストレッチされて、腹筋に力が入るのがわかると思います。
捻転トップのドリル

20060428-ws 1.jpg
20060428-ws 2.jpg
20060428-ws 3.jpg

?アドレスをしたら、両腕を顔の前まで上げてシャフトを右45度に傾けます。両肘にゆとりを持たせて突っ張らないようにする。
?そのまま、上体を90度右に回し、左足を右足の前に出しバランスよく立ちます。右膝は柔軟性を保ちながら右腰が回らないようにします。
?右足に体重が乗ったまま、左足をアドレスの位置へ戻します。腹筋に力が入って、左股関節部分が引っ張られるような感じがつかめると思います。
トップスイングというのは本来、こんなに苦しいのです。
上体を柔らかく保って、腹筋から下半身にかけて踏ん張る感覚ができるとオーバースイングも解消されるでしょう。


Archives

website by Cube Net