ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

左足軸ショットでスライスバイバイ!

2006年05月18日

5/17 晴れ時々曇り 22度
今、G1では左足軸ショットが流行しています。流行と言うか、中々スライスが直らない生徒が2名入校したので、やらせてみました。写真のM君は上級者ですが、この練習で切れ味の鋭いアイアンが打てるようになりました。
左足軸ショットの打ち方

20060518-Leftlegshot1.jpg
20060518-Leftlegshot2.jpg

右足を斜め後ろに引き、両膝を曲げた姿勢をとる。しっかり、腰のつけ根から体を曲げて、前傾角度を作って構えます。ボール位置は左足つま先前に置く。スイング中は体が伸び上がらないように、前傾姿勢を意識します。ポイントはインパクトで左足にしっかりと体重を乗せて、両太腿を締めて振れるかにかかっています。
そして、フォローではクラブを肩に担いではいけません。クラブを身体の左に振っていくように心掛けるといい球が打てます。これまで、左腰が引けてスライスばかり打っていた人も、これで完全にバイバイできます。ぜひ、トライしてみてください!


Archives

website by Cube Net