ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ボールカゴのスローイング

2006年05月19日

5/18 晴れ時々にわか雨 21℃

20060519-throw.jpg

我々のゴルフスクールでは、打球前にボールカゴを使ってスローイングの練習を行っています。この練習は、腕と身体の同調(マッチアップ)、前腕の回転(フォアアームローテション)、肘のたたみ(ヒンジング)、コックを解き放つ(リリースポイント)を同時に覚えられ、身体の正面からクラブが外れない強いスイングをつくります。最初はカゴを持ったまま腕と身体が同調しているか、両脇が身体から離れていないかを確かめながら行い、慣れてきたらカゴを投げてみましょう。

20060519-throw1.jpg
20060519-throw2.jpg
20060519-throw3.jpg
20060519-throw4.jpg

1.体の回転に伴い前腕が右へ回転し、右肘がたたまれる。
2.ダウンでも、同じように前腕が左へ回転を始め、左肘がたたまれます。
3.インパクトでは右肘は伸びきらないで、体に密着しており、両腕は体の正面に戻る。
4.インパクトからフォローの間に、カゴが体から離れる(リリース)。この時、腰の切れ(回転を速める)とカゴを離すタイミングがグッドタイミングだと真っ直ぐ投げることが出来ます。
5.フィニッシュでもつかんでいたカゴの間隔を維持して、両脇は体から離れない。右手の甲がターゲットを向き、左肘は地面を指す。

20060519-throw5.jpg

この練習を繰り返すと、ボールに当てにいかなくなります。ボールを゛打つ゛感覚から身体で゛運ぶ゛スイングに変わります。是非、トライしてみてください!


Archives

website by Cube Net