ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

両腕の自然落下とマッチアップ(同調性)

2006年05月28日

5/25 快晴 21℃
ゴルフスイングで調子が悪くなると、「腕と身体がバラバラ」なんて表現をよく使います。これは、スイング中どちらかが単独に動き過ぎて、腕と身体の連結性(コネクション)がなくなり、脇が開いたり、腰が開くなどの症状になることを言います。スイング中、両腕は常に胸の正面にあるのが正解で、身体を回すと腕がついてくる感覚が理想です。この動きを腕と身体のマッチアップ(同調性)と言い、スイング動作の中でも核となる部分と言っていいでしょう。

20060528-pole1.jpg
20060528-pole2.jpg
20060528-pole3.jpg
20060528-pole4.jpg

?特に、大事な動きはダウンスイングの切り返しで、左腰を左斜め後ろに切り上げる動作と同時に、両腕が真下に重力落下する動作です。ここでは、わかりやすくするためにストレッチポールを真横において、真下に下ろす感覚を掴んでもらいました。タイミングよくポールから手が離れるあたりで、両肘と両腰が上手くリンクしてインパクトを迎えます。
?この後、バスケットボールなどを使って練習をすると、ボールの自然落下の通り道みたいなものが感覚的にわかるはずです。この時、両腕の三角形にたっぷりスペースを作って自然落下させると下半身先行のダウンが出来て、打ち急がなくなります。

20060528-ball1.jpg
20060528-ball2.jpg
20060528-ball3.jpg

Archives

website by Cube Net