ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト http://goldonegolfschool.com/
※2019年1月8日(火)~15日(火)にかけてメンテナンスを実施するためHPに接続しずらい、
又は接続が出来ない状況がございます。その場合は以下のURLをご参照下さい。

新公式サイト(サブ) http://goldonegolf.sakura.ne.jp/

HPメンテナンスに伴い一時的にメール機能も停止致します。
メンテナンス期間中のお問い合わせは、goldonegolfschoolkanri@gmail.comまでご連絡下さい。

新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

次回2019年2月のレッスンスケジュールの公開は
1/15(火)を予定しております。

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

身体の正面で捉える練習に、インパクトバッグを薦めます

2006年08月21日

G1のレッスンでは構えたところでインパクトが再現できるように指導しています。
アドレスの前傾姿勢を全く変えずに、腰を押し込んでボールを圧縮するような形です。

20060821-IMG_0188s.jpg

このインパクトを形成する練習に最も適したのが、このインパクトバックです。
日本ではあまり見かけたことがないと思います。
僕らは昔タイヤをひっぱたいて練習したものですが、当たった反動の衝撃が強いので手首を傷めてしまうこともありました。
その点インパクトバックは多少音がうるさいものの、手や手首を痛める心配はありません。

20060821-IMG_0187s.jpg

打ち方は、シャフト全体でバックを押し込んでいくように打ち込みます。
すると、圧縮した打ち方ができるようになり、力強いボールが打てるようになります。
手打ち気味で体重移動ができないゴルファーには最適な器具です。

にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net