ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記 14 自主練習 一進一退

2007年01月26日

6月30日(金)自主練習 一進一退
●7:00−8:20 毎日のルーティーン
ただし、昨日から、朝の素振りをルーティーンに加える。
●8:20−10:30 チッピングの自主練習
 今日もいつもより早く行く。
レイ君と明美さんが来ていた。レイ君がホームステイ先の都合で、別のホームステイ先に変わるらしい。
新しいホームステイ先の都合が良くなるまで、板橋プロ宅に厄介になるとのことで、今日、今までのホームステイ先から板橋宅へ引越しとのこと。
 ウイークエンドに、世界自然遺産であるLAMINGTON NATIONAL PARKに行く日帰りツアーについて推奨案を頂くことにした。
ただし、今週は、少し曇りがちなので、明日は、ゴールドコーストの南方にあるこの近辺で最大の動物パークCurrumbin Wildlife Sanctuaryにレイ君と一緒にいくことにした。車で案内していただく変わりに、お昼はこちら持ちにした。明朝7:30PAULさん宅にピックアップに来ていただくことにした。
*ピッチングを使ったピッチエンドランの練習:
15ヤードほど短いラフ、ピンはエプロンから5ヤード入ったところ。
12-3ヤードまで緩やかな下り、残り7-8ヤードは緩やかな上り。
くだりが少し多いが、ラフに喰われる分を考え、ボールから10ヤード地点に落とし、そこから転がす感じか。左傾斜の分、30cmほど右目に落とす。
いつものルーチーンで、140球ほど打つ。随分上手くなった感あり。
*アプローチウエッジを使ったピッチショットの練習:

(ご協力を!)人気blogランキングへ
(こちらもぽちっとお願いします)にほんブログ村 ゴルフブログへ


ピンまで30ヤード、フリンジまで20ヤード、そこからピンまで10ヤード。
右傾斜、50cm左から攻める。
グリーンに入ってから5ヤードほど下り、残り5ヤードは平坦。くだりを考慮して、グリーンに入ったところに落とし、スピンを効かせながら、スライスしてピンによるイメージ。
 これを、頭に描きながら、ボールは絶対に見ないで、打ち出しのライン、ボールの高さ、落としどころをイメージして柔らかく3回素振り。そのイメージを残像にして、即ショット。
70球ほど打つ。
今日は、左脇が体から離れないことと、少しヘッドを遅らして振ることに気をつけたところ、トップシャンクは一回も出なかった。
 トップやシャンクは結局のところ、右手で打ちに行くか、ハンドファースト過ぎて左脇が空くからだ。今日の感じで、概ね、80%のパーセーブ率か。
ただし、実際のコースは、ボールのライおよび距離はまちまちだし、落ちてからの曲がり具合も一回一回異なる。したがって、実践では、半分の40%位か。
 
*サンドウエッジを使ったピッチショットの練習: 
上述の練習と同じところから、サンドウエッジでのピッチショットの練習。
ピンの手前5ヤードのところに落とし、スピンを効かせてピンに寄せる。打ち方は、アプローチウエッジに同じ。
これも、70球ほど打つ。
日ごろ、サンドを使っているせいか、3m以内に殆どが寄る。一応の成果が出てきた。
 
●10:30−12:00 ショットの練習
 今日も、先日のビデオレッスンで指摘された、テークバックで右腰を引くのでなく右サイドの壁に右腰をぶっつけて右膝が伸びないようにすること、捻転差による反作用を利用した左の拇指球への体重移動でダウンをリードすることをなんとしても物にすべく、一球一球言い聞かせながらの練習。
球数は、100球位だったが、内容は濃い。ただし、未だ、思うに任せず。課題は、明後日へ持ち越し。
●12:00−12:30 昼食
 練習ラウンドのスタートを取りに、プロショップへ。12:30スタートでOK.急いで、サンドイッチバーとビールをオーダ。A$9.50。
●12:30−16:30 練習ラウンド
 
一人で回ることにした。
フロント9は、1バーディ、2ボギーの37で調子が良かったが、バック9は、最初の3ホールまでパーで来たが、その後、急にアイアンが全くあたらなくなり、スコアーはめちゃめちゃ。
5ボギー、1ダボの43。昨日今日のショット練習からして、悪いのは当然。でも、バック9の3ホールまで良かったものが、なぜ、急に悪くなるのか、なぜ、建て直しが出来ないのか。
 つまるところ、オーストラリア流スイングが、まだ、中途半端で、好い加減だということ。物にするまで練習あるのみ。
●16:30−17:00 ショット練習
 ラウンド終了後、反省を込めて、ショット練習。35球、課題を反芻しながらの練習。
まだ、納得いくショットにならず。
明日は、カランビン ワイルドライフ サンクチュアリへのサイトシーングのため、こちらへ来てから、初めての練習休み。両手、両足腰も相当痛んできたので、いいタイミングの休みになりそう。
●17:00− いつものルーチーン。
 PAULさんから、BRISBANEのMT.Coot-thaおよび、ボタニックガーデンへぜひ行くよう熱心に勧められた。また、ローン パイン コアラ サンクチュアリより、Currumbin Wildlife Sanctuaryの方が珍しい動物が沢山いる。こっちがお勧めとのこと。


Archives

website by Cube Net