ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

右腕上腕のアームローテーションを意識しよう!

2007年04月24日
20070425-IM_134.jpg
20070427-I135.jpg
20070425-IM_136.jpg
20070425-IM_138.jpg
20070425-IM_139.jpg
20070425-IM_140.jpg
20070425-IM_1430.jpg

ゴルフスイングは身体の回転が要だと思っている人が大半だと思いますが、実は両腕もスイングの間、ちゃんと回転しているのです。G1でも、バラバラだったスイングバランスがアームローテーションを意識することで、身体の回転と両腕に一体感が持てるようになり、ナチュラルなドローボールが打てるようになった生徒さんがたくさんいます。
正しいアームローテーションは、トップで作られた右肘(90度)と右手首甲側の角度を変えずに、右腕上腕部を積極的に内側へ回転させます。ポイントはトップの右肩の高さをキープして、右肘内側を体側に引きつける動作です。すると、右脇がしっかり締まって、フィニッシュでは右腕上腕が右胸にくっ付くようになります。最初はフックしそうな感じもしますが、身体が開かずにロングフォワードできれば、真っ直ぐきれいに飛びます。よく意識的に右肘を右脇腹に引き付ける人がいますが、右肩が下がって振り遅れの原因になるのでご注意ください!

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net