ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

正しいポスチャーと荷重のかけ方

2007年04月28日
20070428-IM1268.jpg
20070428-IM1271.jpg
20070428-IM1267.jpg
20070428-IM1272.jpg

ボブコーチ曰く、「日本人は腰を引いて、踵荷重に構えるプレーヤーが多い」と言います。
踵荷重になると腰が引けやすく、いわゆるスピンアウトしてしまうので、腰がクルクル回るだけで、捻転動作や体重移動が出来なくなるのでミスショットを誘発してしまいます。正しいポスチャーは、尾てい骨を高い位置に保って軽く前傾し、クラブを地面につけてから、一旦両足踵を上げてつま先荷重にします。そして、ゆっくり踵を下ろし、拇指球(親指下の丸い部分)に体重が乗るようにします。

20070428-IMG_1462.jpg
20070428-IMG_1463.jpg
20070428-IMG_1465.jpg

拇指球に荷重が乗ると、股関節を切り上げて体重移動ができる。ダウンでは身体を開かずに飛球方向へロングフォワードすることができて、左足股関節の上に上半身が乗って安定したフィニッシュがとれます。

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net