ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アプローチの出球はプッシュボールで正解!

2007年05月17日
20070517-IG_1391.jpg
20070517-IG_1393.jpg
20070517-G_1390.jpg

アプローチでは出来るだけインパクトの形に近づけたいという理由から、オープンスタンス(目標の左を向いて)に構えます。まず、主要の肩・腰・膝・爪先のラインをターゲットにあわせます。そこから、肩のラインを残して腰・膝・爪先のラインはターゲットラインの左(20〜30°)を向きます。こうして、左サイドの背筋に張りを持たせ重心を左においておけば、身体のブレがなくなり、ダフリなどのミスを防ぐことが出来ます。
このしっかりした構えができたら、出球をコントロールする練習をしましょう!写真のようにシャフトを地面に刺して、そのターゲットライン30cm後方にボールをセットします。(厳密にはターゲットラインの少し外側に置く)このセッティングから、10〜15ヤードのアプローチを行います。正しく振ると、クラブヘッドは身体のラインに沿ってアウトサイド・インに振り抜かれ、シャフトの内側を通過して行きます。そして、出球はシャフトの外側つまりターゲットに向かって真っ直ぐ飛んでいきます。つまり、アプローチというのは構えの形態からして、プッシュボールでピンに寄せていくと理解したほうがいいでしょう!この練習をしていると、フェースローテーションが抑えられ、フェースにボールを乗せるような打ち方が分かります。


Archives

website by Cube Net