ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パッティング編   ハンド・ポジション

2007年11月21日
null
null
null

振り子バランスでストロークするには両手の生命線の付け根でグリップすることが不可欠だとお話しました。この時に左腕とパターを一本化して、心地よいポジションで構えるためには、グリップエンドが左胸のマークを指して、ハンドファーストでセットアップすることが大切です。このポジションから左手首を固定して低くフォローを出していくと、直進性の優れた転がりが実現できます。
どのパターにもだいたい2.5〜4度のロフトがついています。ロフトを0度にするつもりで、思い切ってハンドファーストにして、ボールを押し出す感じで打てるようになると、ストロークが安定します。


Archives

website by Cube Net