ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ヒカルへグレッグノマンジュニアマスターズから招待状がくる!

2007年12月01日
20071201-IMG_2407.jpg

G1のヒカルがオーストラリアジュニア大会の最高峰グレッグーノーマンジュニアマスターズ(12/16〜12/20)出場の栄誉に輝きました。
QLD州のサウスイーストクィーンズランド代表として参加します。昨年もナリ(18歳)が選出され、G1から2年連続出場となりました。
ヒカルは今年度前半の競技成績がポイントとなり選出されましたが、後半は右肘痛のためほとんど試合には参加していません。
その間は徹底的に筋トレで体幹部のコアを鍛えるとともに、ショートゲームに磨きをかけてきました。
ドライバーは打っていないので一抹の不安が残るが、筋トレの結果アイアンショットの切れが以前にも増して良くなっています。
また、我々と同じ地区の強豪校ヒルズ学園に伊澤塾出身でヒカルと同い年の岩間竜一郎君が入学したため、ヒカルのライバル心に火がつき「アイツには負けたくない」と闘志がみなぎっています。
11/27、ヒカルが3年間お世話になった伊澤塾にお邪魔て、伊澤利夫先生と孫の秀憲(伊澤利光プロの父と甥)にお逢いしました。
伊澤先生と秀憲にヒカルのスイングを見せると「スイング良くなってるなぁ、体重移動が良いから左足軸で打ってるよ。これじゃ飛ぶようになったろ」とお褒めのお言葉を頂きました。「あと、左腕の突っ張りと右足の蹴りを抑えて膝が柔らかく使えるといいなぁ」と言っていました。
これまで、伊澤塾はオーストラリア合宿を3回実施しています。
ヒカルと出会ったのも3年前のペリカンウォーターキャンプの時でした。
その時はまだいがぐり坊主頭のポチャッとした少年でナヨッナヨッとしていましたが、オーストラリアで1年間修行を積み、英語で意思表示できるたくましい子に成長しました。
これから、2年間の訓練でHCP2.5以内でプロテスト戦!そして、ネイティブな英語が喋れるようにがんばって欲しい!これは、他の生徒にも同じように努力してもらいたい!
伊澤先生は「一流になりたかったら、一流の練習をしろ!」と常々言っています。忘れるな、ヒカル!
光のスイング 2007年2月

光のスイング 2007年11月 力強くなっています。

(あと少しで上位に入れそうです!)人気blogランキングへ
(おかげさまで急上昇です)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net