ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パッティングストローク編  右肘のエクステンション

2008年01月23日


パッティングのストロークは「Row & Row」、低くひいて低く出したほうが、ボールがスムーズに転がる。そのためには、構えた時の右肘のアングルをフォローに向かって伸ばしていき、ヘッドを低い位置で「ビシッ」と止められるぐらいのほうが良いと、ボブコーチは言っています。フォローでは左肘が胴体から離れて左脇も空くが、左肘が低い位置をキープしています。
アマチュアの80%の方は、左肘を上に釣りあげるようにストロークして、フォローで左手首が折れているケースが目立ちます。これだとパンチが入ったり、重心が右に来てヘッドアップの原因になって、安定しません!パターヘッドの振り子のテンポにシンクロさせるように伸ばしていくのがポイントです。皆さんも是非、実践してみてください!

(最近不調です。ご協力をお願いします。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net