ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パターのヘッドリリース・ドリル

2008年02月27日


ヘッドリリースとは、ストレートに近いイン・トゥ・インの(バックスイングで少しオープン・インパクトでスクエア・フォロースルーで少しクローズ)ヘッド軌道のことで、フォロースルーではヘッドのトゥ側がヒール側を追い越す、すなわち自分からみてフェースクローズに見えることを指します。以前にも書きましたが、フェース面を限りなくストレートに引いて真っ直ぐ出すと、ボールは右にプッシュします。これではヘッドリリースが出来ていません!
また、一般に効き目が右目のゴルファーは、アドレスで肩のラインがボールとカップを結ぶラインと平行に構えているつもりでも、実際には肩のラインがオープンになっていることがあります。すると、バックスイングがアウトサイドに上がり、インパクトでは頭が左に動いて思ったより左に引っ掛けてしまう。このケースではいつになってもスライスラインを克服することが出来ません!
通常、ノーマルなグリップでは右手が左手の上にあるので、両肘のラインが目標の左を向きやすい。そこで、左肩を少しクローズ気味に構えてみてください。カップに少しクロスする感じで構えて右手を添えると両肘のラインがスクエアになります。
そして、その構えの感じで、左手一本でヘッドリリースの練習をしてみてください。インパクトでは目線が残ってトゥがヒールを追い越す感覚が分かります。

(おかげさまで上位になりました。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net