ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

傾いたシャフトが落ちる。。

2008年05月07日


「ダウンスイングの切り返しでは、スイングプレーンに乗ったシャフトがトップから傾いたまま真下に30cm位落ちる感覚」が大事だとボブコーチは説明しています。
実際にはグリップエンドが飛球線後方を指して前に移動するが、イメージとしては身体を開かないように左へシフトして、シャフトと一緒に左手の甲が真下に落ちる感覚です。
この時、タイガーが見せるイスに腰掛けるような力強いシッティングダウン・ポジションが出来ると腰から下の軌道が安定して、理想的かつ一貫したワイド&シャローのプレーンが形成されます。この事については今後詳しく説明して行きます。
前回も話しましたが、トップから早い段階でシャフトが立ってしまうと、右肩が前に出てアウトサイドイン軌道になりやすい。また、左手の甲が下を向いてフェースが被って下りてきやすいので、様々な弊害が出てしまいます。

(おかげさまで上位になりました。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net