ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

リーダーボード(1)

2008年06月29日


レイが使用している練習器具はリーダーボードと言って、以前もブログで紹介しています。
使用する前に、ボードの後ろにある赤と緑のゴムチューブを自分の力量に合わせて調整します。ボードの上に立ったら片方の足を開き、その足がゴムの張力に引き戻されないように抵抗し、しっかりとした構えをとります。スイング中もこの拮抗した力が逃げないように両足でしっかり踏ん張ってスイングをします。すると、腹筋が捻られ、太腿とお尻に力が入って、床板力(大地を足の裏でしっかり捕まえる力)と捻転のねじり戻しで振っている感覚がつかめます。
レイは左サイドが起きて腰が開く傾向があるので、トップから肩が開かないように、左へバンプ(左へ重心を移す)する動きと、左手でタメを作らず、懐のあるワイド&シャローな軌道に乗せてインパクトを作る動きを習得しています。
ちなみにクラブは1.5kgの素振り用練習クラブです。鉄パイプや硬式用のバットなどを使って、トップからインパクトまで10秒間かけて下ろすと効果的です。そして、ゴムチューブを右足くるぶしに巻きつけて引っ張ってもらうと、下半身の無駄な動きも修正されます。


Archives

website by Cube Net