ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スペシャルショット ハイロブ(ポップショット)の打ち方

2008年10月08日


ボブコーチが実践しているのは、グリーンエッジのすぐ近くにピンが立っている時に、ロブショトが要求される時の打ち方。特に砲台グリーンやバンカー越えには有効的で、ボールをフワッとポップさせて、高さでボールを止めます。
この打ち方は構えが重要で、出来るだけ低重心になるように腰を折って膝を曲げて、ハンドダウンに構えます。そしてバンスが使えるようフェースを45度位に開き、スタンスもオープンにして、左足踵線上にボールを置きます。
出来るだけヘッドを鋭角に入れたいので、コックを入れて「ヒール寄りのホーゼルの下の部分」で打ちます。このショットに限ってはリリースを入れるとトップしやすいので、コックを入れてフェースを開いたまま、ホーゼルをボールの下に落として終わりといった感じです。フォローは入りません!このショットを打つ時にはライが良くて、思いっきりが大切です。中途半端にあわせに行くとミスを誘発します。
最初は極端なぐらいにしゃがんでハンドダウンで練習したほうがいいでしょう。
ロブショットの打てない人も、この練習をすることでバンスの使い方が理解できるようになります!

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net