ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記2008 18日目

2008年10月12日

● 7月8日(火)雨天につき、Emerald Lakes G.C.で練習
今日も朝から雨。ゴールドコーストは冬の乾期だが、先週の金曜日から今週にかけて、低気圧が停滞して、日本の梅雨を思わせる天気が続いている。
午前中は、読書。昼になって、雨が止んだので、N氏と車でNerang Broad beachロードの東の方にある日本食の店“Top Noodle”に昼食を取りに行く。タイ料理のトムヤムラーメンをオーダー。なかなかの味。
 帰りに、Emerald Lakes Golf Clubに寄り、ドライビングレンジでショットの練習。ここは、2006年、G1ゴルフ スクールに始めてきたときのホームコース。雨天練習場つきのドライビングレンジやショートゲームの練習場が完備している上、ナイター設備もあり、練習環境は素晴らしい。
 ボール代は、70球10ドル。140球ほど打ち込む。
Wide & Shallowのスイングは、極端にフラットなトップから、極端に早いコックリリースが特徴(私の今までの縦振りのスイングに対して私が極端に感じるのであって、このスイングを身につけた人にとっては当たり前のことと思う)。出来るだけ、教習どおりのスイングをしようとするが、違和感大。むしろ、フラットなトップは意識するも、腰から下の下半身をしっかりさせ、上体を、背筋を使って胸骨が右足くるぶしの内側まで捻転させて、腹筋を使って巻き戻すスイングを意識する方がしっかりした球筋が得られる。
これは我輩のWide & Shallow理論に対する実践スイングのフイーリング。N氏も体が起き上がる癖があるが、このフイーリングを取り入れて、感じが出てきた。
かなり、良い感じで打てるようになったので、この後、5時までアプローチの練習。
 明日は、久しぶりに豪州晴れの素晴らしい天気のようだ。BOBのラウンドレッスンが楽しみ。

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net