ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ダウンスイングで左膝を曲げたまま粘る!

2008年10月29日


トップからの切り返しでは、上半身を開かないで(トップの捻転状態のまま)左膝をつま先方向に動かして重心移動を受け止めます。感じとしては、トップで右足踵に乗った体重がダウンでは直線的に一旦左足つま先方向にトランスファー(移動)する感じです。
いずれにしても、左膝を曲げた状態で、体重移動を受け止めて粘れるようにするには、捻じれた腹筋(反発エネルギー)の開放のタイミングを一瞬遅らして、体全体で左へ重心移動することが大切です。
その場でクルッと回ろうとして身体が開くと左膝が伸びてしまうので注意しましょう!

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net