ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Terryさんのゴルフ留学日記2008 23日目

2008年11月03日

●7月13日(日)自主練習、一歩前進
今日は日曜日。最後の週、いよいよ今週でスクールも終わり。BOBのレッス
ンもあと3日。何としても納得行く形で終わりたい。
N氏と、今日もGainsboroughへ。若手は、誰も来ていない。これで、プロを目指しているのかとN氏と他人事とはいえ嘆く。BOBのラウンドレッスンの後の総評のとき、今日のラウンドを見るに、教えたことが全く出来ていない、もっともっと必死になって練習せよ。自分はプロになるのに毎日が必死だった、1週間毎日朝早くから日が暮れるまで54ホールを回ったものだと。
 このことは我々の役割ではない。板橋プロとBOBの仕事。我々は残り1週間で、今回教えていただいたWide&Shallowスイングを何としてもものにすること。
 朝9時過ぎから、黙々とショットの練習。昨日、ダフってばかりのショットについては、昨晩、タカとスイングの話をして、CLASSIC GOLFに載っていたプロの連続写真を見て気がついた。フラットなトップの左親指側にコックした状態から、アーリーリリースを意識するあまり、右手のひらのリリースに力が入りすぎていたようだ。トップからスイングプレーンに沿って肩口から脱力状態をキープしてクラブが重力落下するように意識したらダフリはなくなった。
 ダフリは解決したが、球に力がない。たまたま、プロショップのスタッフが練習用のボールを持ってきたついでに、何発か打ってくれた。すごい球を打つ。私の7番アイアンで約140m(おおよそ155ヤード)のフラッグをキャリーで軽々ている。(私は、フラッグの手前ない。それでいてインパクトはものすごい。これを見ていて自分の良いときのイメージがよみがえった。
 漸く力強い球筋がよみがえってきた。明日につなぎたい。
さすがに、N氏も疲れたみたい。今日は4時に切り上げ、車でサファーズパラダイスへ。オーストラリアドルの手までしか行かない。)彼のスイングはテークバックからダウンまで全く力みが持ちが少なくなったので、サファーズで両替。日本では1ドル116円、BRISBANE空港でも116円だったがここは106円、場所によってこんなにもレートが違うものか。昨年は空港の両替屋が一番得だったが、今年はダウンタウンだ。
この後、ラーメン屋で夕食。餃子をTake Away。宿舎のCASA BONITAに帰り、二人で餃子と鯵の南蛮漬けを肴に一杯やる。鯵はタカとノリが今朝の4時から、板橋さんたちとサファーズの北の海岸に釣りに行った釣果。100匹以上も釣れたようで朝帰ってきてから料理したもの。なかなかの鯵(味)。タカ、ノリ、Many Thanks。

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net