ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ハーフウェイダウンでシャフトの位置をチェック!

2008年11月06日


トップの位置からスイングプレーンに沿って下ろしてくると、ハーフウィダウンではシャフトが飛球線と平行に重なるのが正しい。そこにきたら、スタンスをクラブの向きと正対してみよう。正面に構えられたら正しいスイングプレーンをなぞっている証拠です。
この時感じて欲しいのは、上体が開いておらず、胸がまだ右45度の方向を向いているということが理解できます。クラブが極端にインサイドから下りてきたり、コックを解かないで溜めすぎたりすると、クラブが身体の正面から外れてしまうはずです。ハーフウェイダウンからフォローまでクラブヘッドが常に身体の正面をキープできれば、インパクトゾーンが長くなり、球筋も安定してくるでしょう!

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net