ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Terryさんのゴルフ留学日記2008 最終日

2008年11月26日

● 7月20日(日)総仕上げの自主練習、成果が見えて来た
今日も快晴。いよいよ今回の研修の最後の日。と言っても、レッスンは既に 
終わり、最後の自主練習。今まで教わったことを思い出しながら、ショートゲームからロングドライブまで、復習。この数日の特訓のお陰で、新しいスイングが身についてきた感あり。
 バンカーショット、ランニング、ピッチエンドラン、ピッチショット、ロブショットも何とか物になってきた。
バンカーとロブは、今までオープンに構え、フエースを開きアウトサイドインにカットに打っていたが、今回、BOBと板橋さんから、インツウインにバンスを滑らしながら体の回りをシャフトもヘッドもラウンドさせるスイングを教わった。この方が、ふわりとやわらかい球筋が出るし、距離感もでる。
 これも感じがつかめてきた。
4時過ぎ、練習を終え、今回の行事のすべてを終了。
果たして、成果はあったか。今のところ、未だしだが、成果は見えてきた。結局のところ、一ヶ月の短期間では、これだけ変化のあるスイングの改造は難しいと言うのが正直なところ。ただ、何か、自分の今まで悩んできた課題解決の糸口が出来た予感がある。理論とそのドリルは習得したので、後は、帰国後の練習次第か。
 帰りがけに、プロショップでお世話になったローリー君と暇乞いをしたが、今、PGAのライセンスをとるための準備をしているとの由。日本びいきで、奥さんは日本人とか。3年後に、日本に来るとの由。再会を誓いメールで連絡することにした。
 CASA BONITAの最後の日。オーナーの太田紘一氏がこられた。初対面のご挨拶の後、最後の日と言うことでタカ、ノリも加え、サファーズへ夕食に出かける。
 明日は、いよいよ帰国。
板橋さんご夫妻とBOBは勿論、同行したN氏、スクールの仲間、CASA BONITAの太田さん、管理人の高橋さん、GAINSBOROUGHのプロショップのスタッフ他、いろんな方にお世話になった。心からお礼を申し上げたい。今回教わったスイングを自分のものにし、目標である片手シングルを実現することがお世話になった皆さんへの恩返しと思い、帰国後も一層練習に励む所存である。

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net