ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

シャフトを使ってボディームーブメントを覚える!

2009年05月10日


今日はシャフトを使って、正しい身体の使い方を教えたいと思います。
動画にあるように、左足外側にシャフトを立てて、パートナーに左肩の横へグリップをあててもらいます。まず、胸の前に両腕を十字に組んで、上体を右へ捻転させて右足土踏まずに体重を移動します。動作はゆっくり行い、筋肉に記憶させるよう努めてください!
フォワードスイングはトップの捻転した状態をキープしたまま、左腰と左肩を平行移動(バンプ)させてシャフトにタッチします。この時、アゴの高さをキープして、左頬、左肩、左腰を結ぶ垂線が同時に動いて、右足土踏まずで地面を蹴るようにしてください!ポイントは上半身と下半身はまだ半身の形(右斜めを向いたまま)をキープした状態で左足拇指球へ体重移動することです。
そして、左肩と左腰がシャフトにタッチしたら、これまで我慢してきた上半身の捻転(反発エネルギー)を一気に解いてあげて、勢い良く肩が回転して、体重を左足踵へ移行していきます。そうすると、左足の上でスーッと立ったバランスの良いフィニッシュを取ることが出来ます。
フォワードスイングの切り返しで、すぐに左肩が上がる人は、プッシュスライスやフックに悩まされます。また、身体の平行移動なしに、腰の回転をアクティブに使う人は腰が引けて、大方スライスやチーピンに苦労することでしょう。
今回ご参加のKさんは、戸塚カントリークラブでHCP5を誇る腕前。これまで腰はその場で゛切る゛ように回転させて、下半身主体のスイングをしていましたが、時折出るチーピンに悩まされていたそうです。それを今回は身体をバンプさせて、少し捻転の開放を遅らせることによって、真っ直ぐな強弾道を打てるようになりました。Kさんは「これまでは8:2で下半身主体のスイングをしていました。結局、下半身の回転はバンプした後、上半身の回転につられて回るものなんだね!」と納得されていました。
タイガー・ウッズも今年に入って、6:4で上半身の動きを重視したスイングが出来るようになり、下半身の暴れが少なくなったと言っています。日本では片山晋吾選手のバンプの動きと左肩の戻りは顕著で、体幹の反発エネルギーを使って飛ばしています。
皆さんも、使い古しのシャフトを使って、平行移動してから回転するタイミングをつかんでください。これまでよりも、飛んで曲がらないスイングが作れるはずです!

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net