ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

左手一本のアプローチで左サイドの押し込みを覚える!

2009年06月07日


タックンは最近、左サイドの押し込みが上手になり、身体が開かなくなって飛距離が伸びました。動画のように左腕にクラブを2本(実際は重たいバット)持ち、左肩が開かないようにクラブをゆっくりワイドアークで下ろします。(クォーツ時計の秒針スピードで行う)それと逆行するように、胸を地面に向けた状態で腹筋を使って左サイドへ押し込みます。すなわち、左腕と腹筋の引っ張りあいを感じて、クラブを低く遠いところへおろし、左へシフトしながらクラブをインパクトゾーンへ導いてやります。自分から見て8時から4時の間はクラブが低く真っ直ぐ動き、クラブヘッドがグリップよりも前方にあることが大事です!
左腕一本のアプローチを見ていただきたい!腰は回転せずにシフトしただけで、身体はフォローに至るまで前傾を変えずに、正面を向いています。左手の甲は上を向き、フェースの上にボールを乗せて運んでいますよね?これが、左サイドの押し込みで、左手を低く長く使う動きです。さすがに片山選手や石川 遼君はこの動きが顕著で、右を使うより一足先に左サイドが動き出します。実際、この押し込んだ位置に右手を伸ばして体を回転させれば、体重移動がスムーズに行えるはずです。
右手が利いてしまうとかボールを打ちに行ってしまう人は、必ずと言っていいほど体が開いて、クラブをこねくり回しているはずです。左手一本の素振りやアプローチを我慢して継続すれば、“引っ叩く 点のスイング”から“クラブヘッドでボールを押し込む インパクトゾーンの見えるスイング”へ変わるはずです。
伝説のストライカー“ベンホーガン”も左サイドを意識するようになってから球が曲がらなくなったようで、“ゴルフは左サイドがすべて”と言う格言を残しています。


Archives

website by Cube Net