ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ジュニア便り

2009年06月14日
null
null
null
null
null
null
null
null

今日はブリスベン郊外のリバーレイクスG.Cでグレッグノーマン・ポイントチャレンジが行われ、G1からヒカル、シュン、タケ、タックンが出場しました。
このコースは距離がたっぷりあって、30近い池が点在する超難コース。今日は風もあり、ピンポジションがハードなので、正直、このコンディションはきついなと感じました。おまけに、2週間振り続けた長雨のおかげで、まともな打球練習ができなかったこともあり、スコアを気にせずに、今日は思いっきりプレーして来い、縮こまったプレーはするなよと言って、送り出しました。
結果の方は、ヒカル(83)、シュン(86)、タケ(83)、タックン(88)で、タケが総合ネット優勝に輝きました。これで、今季2勝目です。前半は46を叩き、死んだような顔をして上がって来たので、「次はパープレーで上がって来い!2オーバー以上は車に乗せて帰らないぞ」気合を入れてやりました。それからは、目の覚めるようなプレーで8番までパープレー。9番は気合が入りすぎて3パットして、1オーバーで上がってきました。「畜生、ハーフベストで上がれたのに」とかなり悔しがっていました。しかし、この自信は今後のプレーにつながりそうな予感がします。
6月後半からは連続した試合が続きます。しっかり、体を作ってベストで望めるよう頑張って欲しいですね!


Archives

website by Cube Net