ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

肘を鞭のように使うパワーリリース

2009年08月09日


先回まで肘にゆとりを持たせたトップスイングについて学習してきました。今日はその形から肘を鞭のようにしならせて飛ばす方法を指導します。日本で多くの人が実践しているリリースはコックをギリギリまで溜めてインパクトで一気にフェースを返して飛ばす方法です。我々はこの打ち方をNGとしています。ほとんどのアマチュアがこれで振りおくれの原因(右肩が下がって、クラブが下から入る)を作り、安定した球が打てていないからです。
動画で見られるように、トップスイングからの切り返し動作では、体を開かないように左へシフトする動き(ボディ)とクラブの重力落下にあわせて左肘を伸ばす動き(アーム)の同調性が必要とされます。タイガーも含め最近のトッププロの間でも、スローモーションの素振りを行う時に、明らかにクラブヘッドを緩やかな角度で下ろしてきて、振り遅れないように早い段階でリリースしているのがわかります。
ちょうど、トップで作られた手首と右肘のアングルが90度だとしたら、インパクトに向って180度に伸ばしていくイメージです。鞭やトンカチで打つ動作と似ていますね!ただ、ここで気をつけて欲しいことは、トップから一気にハイギア(トップスピード)で伸ばすのではなく、クラブヘッドが右腰の高さに来るまでは体のシフトにあわせてロウギアで下ろしていき、右足の前から左腰の高さまで一気にトップスピードで振っていきます。
左肘を伸ばしながらリリースできるようになると、ヘッドの入射角をシャローのして遠いところから大きなアークで振れるので、ヘッドスピードが増して鋭いライナー性の当たりで飛んでくれます。最近のクラブデザインの低重心に伴い、横から払ってインパクトゾーンを長くしたほうが垂直抗力が増し、簡単にボールを高く遠くに飛ばしてくれるというわけです。実際、低いライナー性の球を打つ気持ちで、ボールの10cm手前の仮想ボールを打つイメージで振ってみてください。そうすれば、全体の動きが良くなるはずです!


Archives

website by Cube Net