ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【4度目のゴルフ研修に当たって】

2009年08月26日

みなさん
大変お待たせしました。
Terryさんのゴルフ留学日記 4 が始まります。
このコーナー、毎回とても好評をいただいております。
初めての方も、ぜひ楽しんでくださいね。
また、いつも素晴らしい留学日記を寄稿してくださるTerryさん、ありがとうございます!
では、はじまりです!!
2006年6月、片手シングルを目指し一念発起、オーストラリアのゴールドコーストにあるG1(Gold One)ゴルフスクールへ初めてのゴルフ短期留学をした。
ここで、G1代表の板橋繁プロとオーストラリアのツアープロのBOBコーチに出会い、オーストラリアのゴルフスイングメカニズムの基本を教わった。
そこで教わったスイングと、自分が理想とし、こうあらねばならないと思い、日夜追求してきた今までのスイングとの違いに愕然とした。
あまりの驚愕の故にそのことをまるで昨日のように思い出される。
もっとも大きな違いは、次の三つである。
?テークバックでもダウンでもクラブは立てるのではなく体の回りをフラットにラウンドさせること
?ダウンの始動は腰から回すのでなく身体の左サイドを押し込む動きからはじまる。
?ダウンでコックをキープしてクラブを引き下ろさないこと、右肘を右サイドに引き下ろさないこと、シャフトが飛球線と平行になったところで左腕前腕を外転しながらコックをほどき、シャローなインパクトゾーンを作る。(自分から見て8時から4時は低く長くを意識する。)
更に、スイングの間中、グリップ、腕、肩を始め上体を柔らかくキープせよ、そしてバックスイングでもダウンスイングでも手や腕などの小さな筋肉ではなく背筋や腹筋などの大きな筋肉を意識的に使うようにと。
この後に続く3年間の研修を経て分かったことであるが、彼らの一貫した指導理念は究極のオンプレーンスイングを目指すことであり、これらの教えは、それを実現するための最も基本になる部分である。
ゴルフを始めて以来、30年間、クラブを立てて降ろし、コックのレリースをインパクトの直前まで如何に我慢するかに意を注いで練習してきた。
しかし、これまでのスイングが如何にオンプレーンから外れているか、ビデオレッスンで白日の下に晒された。そして、教わったとおりのスイングが出来た時に、今までとは違った弾道の高い素晴らしい球筋が出ることを実感した。
30年間、積み重ねて作ってきたスイングを変えることがそんなに簡単に出来る訳がない。
しかし、片手シングルを目指すも、壁にぶち当たっている現状を打破するには自らを変えるしかない。
道は遠いかもしれないが、彼らを信じて付いていこうと心に決めたものだ。
以来、毎年、オーストラリアへのゴルフ研修を実行し、板橋、BOBの両コーチの一貫したご指導を受けてきた。
率直に言って、2006年より前のスイングから脱却し、新たな目標であるオンプレーンスイングにどこまで近づくことが出来たか、はなはだ心もとない。
しかし、年間の平均ストロークの推移を見ると少なからず成果が出てきていることが分かる。
2002年80.96をピークに、
2003−82.16、
2004−82.25と徐々に下降し、
2005年には、とうとう83.76まで落ち込んだ。
これが、2006−83.1、2007−82.13、
2008−82.63と2008年は少し悪くなったが、全体としては改善基調になってきた。
65歳までの片手シングルの目標は、難しくなったが、片手シングルという目標はあきらめず、オンプレーンスイングを物にするべく今年もオーストラリアに行き、教えを請うことにした。
加えて、3月5日から8日まで4日間、インストラクター養成コースが開催される。
今までの研修の成果を具体的な形で実証するためこれに挑戦することにした。
このため、毎年6月から7月にかけて行っていた留学を今年は2月14日から3月15日までの一ヶ月に変更した。


Archives

website by Cube Net