ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【エメラルドレイクスラウンド】

2009年10月01日

2月22日(日)晴れ一時シャワー 
今日は、エメラルドレイクスゴルフクラブで前田君、辰巳さんとラウンド。
明美さんに11時25分ティーオフで予約してもらっていたので、朝一番にガソリンを入れた後、9時にコースに行き、辰巳さんが来るまでショットとアプローチの練習。
 なお、オーストラリアのガソリンの給油はすべてセルフ。Unleaded(無鉛)のガンを取って給油口に差し込んでフルになるまで入れる。
ディスプレーにリッターと料金が出るのでそれを確認したうえで、ステーションに併設しているコンビニでステーション番号を告げて現金かクレジットカードで支払う仕組み。
きわめて簡単な仕組みであるが、ガソリンの飲み逃げが起きないか余計な心配をする。
ガソリンの値段は、1.135ドル/リッター、1ドル65円なので約74円。昨年は、1ドル110円だったので135円。豪ドル安のお陰で随分安上りだ。
 11時に辰巳さんが田中さんに車で送ってもらって到着。
プロショップでエントリー。
地元の日豪新聞に掲載されているエメラルドレイクスの広告の切り抜きを提示すると料金を61ドルに値引きした上、コースのロゴ入りにタオル、ゴルフボール、ティーペグまで貰える。
 自動カートでスタート。
調子はいまいち。OUTの9番をホールアウトしたとき昨日同様、シャワーに見舞われる。
昼食を兼ねて、一旦クラブハウスに引き上げる。カレーとビール。Japanese Traditional Beef Curryとは言うので飛びついたが、牛肉のカレー炒めにライスが付いているような感じで、とても日本風のカレーには程遠い。
 昼食が済んだところで、丁度シャワーも過ぎて、INのスタート。
ショットも今一つぱっとしない上、1−2mのパットが全く決まらず、結局44,44の88.
明日は、レッスンの2週目、テークバックでの早めのヒンジング(右腕の折りたたみ)&コックとダウンでのワイドなアーリーリリースのスイングをものにしよう。


Archives

website by Cube Net