ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【アドレスの是正】

2009年10月05日

2月26日(木)晴れ 
今日は、念願かなって漸くゲインズボローのドライビングレンジがオープンされた。
8時にはコースに着き、早速ショットの練習。
9時から、レッスン、今日は久しぶりのショットの練習が出来るので、いつものパターやチッピングの練習はなし。
先日教わったバックスイングで左前腕部を体に巻きつくように上げること(胸骨が右にスエーしないように)、ダウンでコックをアーリーリリースすることの復習、これに加え、スイングを通してスパインアングルをキープすることを主なテーマにショットの練習。
コーチの指摘事項:
アドレスで、頭の位置が右に傾いている。
ボールの上に頭が来るように。
加えて左腰が左に来すぎ、少し右において左の壁を意識せよと。
今までの研修で左への重心移動はできてきたが、それを意識するあまり軸が左に来ていたようだ。
いずれにせよ、テリーの場合、ダウンでグリップエンドを飛球線方向に引き下ろしすぎ、もっと早く右大腿部の前でコックをリリースしてインパクトを迎える位で良いと。
ダウンの中間では、クラブのシャフトは飛球線に平行、その後ヘッドはこのシャフトの線の外側を通りボールに向かう軌道を通る。(分度器軌道)
自分なりの結論、要は、オンプレーンスイングを徹底することに尽きる。
午後、一人でラウンド。かなりショットの内容は良くなってきた。40,41の81.


Archives

website by Cube Net