ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【エメラルドレイクス練習ラウンド】

2009年10月05日

2月27日(金)晴れ 
今日も雲一つ無い良い天気。
自主練習の日。
前田君は、明日帰国と言うことで、新入研修生たちと板橋プロの特別の計らいでスペシャルレッスンを受けるためゲインズへ。
私は、来週のインストラクター研修のためエメラルドレイクスG.C.に練習ラウンド。一緒に受験する田野君、原田君に彼の弟の拓也君とラウンド。
ドライビングレンジでの練習では漸くスイングがまとまってきたと思っていたが、スタートするや、トップ、ダフリ、シャンクの連発。まじめにスイングしているのに球に当たらない。
一体どうなっているのやら。
血糖値が下がり、三半規管が狂ってしまったような感じ。ボギー、トリプル、ダボ、いかんともしがたい。
こういうことも起こるのか。
バナナを食って、少し落ち着いてきた。
正常な人は勿論、タイガーでも血糖値が下がってショットが狂いだすことがあると、彼は、3ホールごとにバナナを半分食べて血糖値を維持すると言う話を何かの本で読んだことがある。
だんだん、まともになってきたが、結局OUT45,IN41の86。来週の研修が心配。普通にラウンドできれば何の問題もないはずだが、こういう事態も起きることを想定してテストに望もう。練習ラウンドをして良かった。
ラウンド後、ラウンドでの色んな失敗を思い出しながら、100発ほどショットの練習。まだ、問題は残っているものの、徐々に感覚が戻ってきた。後、数日の間に調整は出来そうだ。


Archives

website by Cube Net