ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

両肘の間隔をキープして、スーッと立ったバランスのいいフィニッシュを取ろう!

2009年10月21日


動画で見られるように、フィニッシュで両肘の間隔が開いて、クラブがダラーッと首に巻きついたフィニッシュを取るゴルファーがいます。打った後だからあまり関係ないと思われがちですが、フィニッシュをバランスよく取り、一貫性のあるスイングをするには、決まったポーズをとることがとても大切なんです!
両肘を開いて左肘が肩より下がってフィニッシュを取るのは、体の柔らかいジュニアや女性ゴルファーに多く見られます。いわゆるこれは、振り回し過ぎ症候群(オーバーワーク)ですね。極端に反り返ったフィニッシュで腰を痛めたり、左足の裏がめくれれば踏ん張る力が逃げてパワーロスの原因になります。
思い当たるふしのある方は、動画を参考に両肘の間隔をキープして、スーッと立ったバランスのいいフィニッシュを目指して見ましょう!体への負担も軽減され、伸びのある安定した球筋で飛ばせるようになります。


Archives

website by Cube Net