ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

フィニッシュでは右腰のほうが左腰より少しだけ前に出る

2009年11月26日


前にも説明しましたが、フィニッシュにおける正しいポーズというのがあります。
左足の上で上体がスーッと立って、シャフトがちょうど目の後ろ(帽子の縁)に重って地面と平行に収まり、クラブのトゥが左斜め前を向く。そして、両腿と膝がピッタリとくっついて、右足のつま先で地面をトントンと叩けるポジションが、最後まで振リ切ったフィニッシュです。左足の裏もめくれずバランスも完璧です!
このポージングはボールスローイングドリルのところで説明をしましたが、ボールをリリースした後も右肩がボールを追いかけるように前に出て行くことで、体重移動がスムーズに移り、フェースにボールを乗せて運ぶような打ち方ができます。この右サイドの動きが不十分だと、小手先でクラブをビュンッと振るだけになり、フィニッシュでもバランスを失ってボールがどこへ飛んでいくかも分からなくなります。
そこで、今回はもう1つ確認しておきたいポイントがあります。打った後も右サイドの動きを止めないで、ボディリリースを完全に行うと、ピタッと決まったフィニッシュのポジションでは右腰がほんの少しだけ左腰より前に出ています。


Archives

website by Cube Net