ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

右手の中指と薬指を外したグリップで柔らかいリリースを覚える!

2009年11月30日


プロのようにピタッと決まったフィニッシュは誰でも憧れると思う。なぜかって?試合中は70%ぐらいにセーブして、一貫したリズムとバランスを心掛けているから、いつも同じところにフィニッシュが決まるんです。
感覚的にはクラブをめいっぱい振るというよりは、遠心力の効いたクラブヘッドに振られて、その動きに同調するように体がついていく感じかな。プロっていうのはスイング中、クラブヘッドの重み、フェースの開閉、クラブの入射角度、スィートスポットの感触を瞬時に感じ取ることができるくらい研ぎ澄まされたフィーリングをもっている。
したがって、手首が自由に効く強さでグリップして、フィニッシュまでその握りの度合いを変えないで振りぬいています。だいたい腕や手首に力が入りやすい人は右手の中指と薬指の握りが非常に強くて、クラブヘッドのリリースが振り遅れている人が多い。その上フォローで右手が上になりフェースが被るのでボールはあちこちに曲がってしまうって訳です!
構えたところにきちんとヘッドが戻ってくるには、右手の親指と人差し指の腹でグリップをつまんだ程度に握ってクラブヘッドの重みを感じてリリースしてあげることが重要です。動画を参考にして、手首の柔らかいリリースとフィニッシュで右手首の甲が平らになるように練習してみてください。


Archives

website by Cube Net