ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ジュニア便り【グレッグノーマン ジュニアマスターズ】

2009年12月19日
null
null
20091219-IMG_4774.jpg
20091219-IMG_4773.jpg
20091219-IMG_4749.jpg
20091219-IMG_4752.jpg

今週はグレッグノーマン・ジュニアマスターズがクーランガッタ・ツィードヘッドG.Cで行われ、G1からヒカルとタックンが出場しました。
この大会は今年の地区ジュニアチャンピオンや好成績のジュニアのみが参加できる豪州でも最高峰にランクする大会です。
ヒカルは3年連続予選通過と上位進出を目指し、タックンは予選通過を目標に掲げました。
タックンのお父さんは息子のキャディーをするために初渡豪。
ヒカルのご両親は3回目の来豪で、いつものように、息子と一心同体になってキャディーを務めてくれました。
結果のほうは、ヒカル、タックンともに3日間で予選敗退。
ヒカルは79.76.75で、1打足りずに泣きました。
17番ショートのトリプルボギーが響いたようです。
終了後にスコアボードを悔しそうにじっとみつめていました。
2009年締めくくりの試合。来年につながる課題が見つかったのではないでしょうか。
今回の大会では、男子は2年連続 キャメロン スミス が優勝。
ライバルの テーラー マクドナルドとの戦いは面白かったですよ。
初日、マクドナルドが64という脅威のスコアで周り、誰もが彼の優勝を確信したのですが、キャメロン スミスは最終日なんと63でまわり見事逆転!
近い将来 テレビで活躍を見られる日が来るのではないかと思い、楽しみです。


Archives

website by Cube Net