ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

右肩の回転を止めないで、しっかり体の左へ振っていくドリル

2010年01月03日


あけまして、おめでとうございます。相変わらず、風邪気味です。早く、豪州へ戻りたいと思う、今日この頃です!
さて、Iさんのレッスン2回目です。まだまだ、左サイドへの体重移動が不十分で、フィニッシュでクラブを担ぎ上げてしまう癖があります。それは、フォローをまっすぐ出そうとするため、体の回転が止まり、前傾姿勢が起きてしまうためです!
そこで、動画にあるように完全な体のフルターンを実現するために、シャフトを斜め45度の角度から左肩の下に当てて、右肩がその間を抜けていくドリルを実践してみました。ここでの注意点は、フォローまで前傾を起きないようにすることと、左隣の人と右手で握手するように左へ振っていき、(ここで右手が返るとフックします)右肩が左足つま先の上まで回転していくことです。
Iさんは想像よりはるかに左へ振っているような気がして、左へ引っ掛けてしまう感じがするそうですが、実際の弾道は力強いストレートボールです。しっかりした円軌道(インサイドイン)の中で振れるようになりました。動画にもあるように、真っ直ぐ振り出そうとすると、両腕でシャフトを跳ね上げてしまい、顔面にぶつけてしまう恐れがありますので、最初はハーフスイングで練習して、感覚が掴めてきたらフルスイングの練習をしてください!


Archives

website by Cube Net