ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

大きすぎるテークバックを矯正!両脇のコネクションを意識して胸を回す!

2010年01月12日


昨年、3月に来豪してくれた、シノちゃんを日本でレッスンしてきました。
開口一番「習ったことって6ヶ月で忘れちゃいますね!」って言ってました。ゴルフ好きの人はいろんな情報が入ってくるから、それもしょうがないと思います。
久しぶりに見たけど、とても窮屈そうな上げ方をするので、クラブがスーッと下りてこない。シノちゃんの場合、トップで左肩が落ちて、シャフトがクロスしていました。具体的に言うと、飛ばそうとする意識が強いため、両腕を突っ張ってテークバックを遠くに(ノーコック)で上げようとする。そのため、トップでシャフトがオンプレーンから外れちゃっていたんです。この窮屈そうなテークバックは女性ゴルファーにもよく見られます。アマチュアの皆さんが実際このようなテークバックをすると、体が必要以上に回りすぎたり、右にスエーしたり、反動でトップで腕が縮こまってしまうケースが多々見られます。
動画に見られるようにシノちゃんの場合は、両脇にヘッドカバーを軽く挟んで、落ちないように胸の回転でトップに持っていくようにしました。(この時、体の回転につられて頭が少し右に動いてもいい)そして、ノーコックではなく、腰の高さでトゥが空を指すように少しだけコックを入れてやることで、身体の回転と上手くシンクロして上がるようになりました。肘に余裕があり、腕の長さを変えずにフトコロが作れれば、トップもコンパクトにおさまり、両腕の重さでスーッとクラブが下りてきます。


Archives

website by Cube Net