ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【USGTFラウンド研修 初日】

2010年01月17日

3月7日(土)晴れ USGTFラウンド研修 初日
今日は、USGTF のラウンド研修一日目。
先ずは天気が絶好のゴルフ日和になり本当に良かった。
それにしても緊張の一日が始まった。
緊張するなといっても緊張するに決まっている。
緊張感を楽しもう。
朝、9時会場のEmerald Lakes G.C.へ同宿の受験生原田君を乗せて行く。
スタートは12時丁度。
それまでの間、彼とドライビングレンジで200発ほど打ち込む。
その後アプローチ、パターの練習を入念にする。
板橋試験官から、7名の研修生一名一名呼ばれた後、マーカーの指名、ローカルルールの説明、ラウンドでの注意などが終わり、いよいよティーオフ。
スイングの修正がうまくいかず不安の中のスタートだったが、眼前の一打を大切に丁寧なゴルフをした結果、なんとか39,43の82で回ることが出来た。
ただ、後半、ショートパットがことごとくカップを蹴られ、明日に不安を残した。
他の研修生は今日の結果に悲喜こもごも、大半の人が必ずしも満足した結果ではなかったようで、明日一日に賭ける。
自分も今日は7人中2位につけたが、明日はどうなるか分からない。
明日も結果を求めることなく悔やむことなく眼前の一打を大事に淡々とプレーしよう。
解散後、ショートパットの練習をするも未だしっくり来ない。


Archives

website by Cube Net