ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ゴルフの基本です!足の裏で地面を捕まえるトレーニング

2010年01月25日
null


現在、僕がレッスンしている可愛い3人のジュニアを紹介します!キスケ(14歳)、カンゴ(10歳)、マサ(7歳)の3兄弟です。
ゴルフの上手いお父さんの影響で昨年から本格的に始めたそうです。しっかりと元気よく挨拶ができて、ゴルフのほうも筋がいいので将来楽しみなちびっ子です。
先週はそんなちびっ子たちに、G1の加賀崎航太がショットのデモンストレーションを披露してくれたり、心に響くレッスンをしてくれました。ちびっ子たちも「どうしたら、そんな球打てるの?」とか、「普段、どんな練習してるの?」と興味津々で、とても真剣な顔で耳を傾けていました。
今回のレッスンでは、コウタから裸足で球を打つ大切さを教わりました。裸足になって地面をわしづかみにすると、足の裏を通して力をもらっている感覚が養えるということです。
足の裏で地面をしっかり捉えると、体幹も軸もしっかりして、バランス能力の向上に役立ちます。家でもできるトレーニングとして、タオルの上にのって指先とかかとでタオルをムニュムニュ動かす(寄せる)訓練がとても良いとのことです。コウタも実践しているこのトレーニング、皆さんも是非取り入れてみてください!


Archives

website by Cube Net