ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スイング Before・After(13)

2010年04月15日



今回の生徒さんは、トレーニングコースで来られたシローさんです。
以前、このコースに参加されたシノちゃん(同僚)の薦めで、渡豪の3日前に申し込みされました
仕事が忙しくて、大好きなゴルフが全然できていないというシローさん。
たった4日間でスイングも見違えるほど変貌しました!
中々ボールがつかまらず、プッシュとダフリが悩みの種と言うシローさん。ボールは上から潰して打つのが当たり前だったようで、芝の削り方がはんぱではありませんでした。それはダウンスイングで真っ先に腰を回そうとする為、前傾が伸び上がってクラブの振り遅れ(極端なインサイドアウト軌道)が原因でした。
(スイングの改善点)
?ハンドアップ&かかと体重の構えから、ハンドダウン&拇指球荷重へ変更。
?サイドオン・ドリルで体の開きと脚の使いすぎを矯正。
?ボールを打ちにいって、ダウンで右脇が開く癖があったが、しゃがんで素振りをしてもらい、右肘を上に向けたままクラブのヒールから芝を滑らせる練習をしたら、払い打ちを体得。ターフを薄く削れるようになった。極端なクラブヘッドの返しも無くなり、フェースにボールが乗っている時間が長くなった。
?溜めを作って引き下ろすダウンから、スロットルドリルでクラブヘッドが体の周りをまるーく回るスイングへ矯正。フォロースルーはベルトラインよりシャフトが上がらないように左へ振り抜くようにした。
?頭を無理に残そうとせず、胸が左足外側まで移動するようにしたら、体が伸び上がらなくなり体重移動がスムーズにできるようになった。
短期間のレッスンで、無駄な力を抜き、遠心力で飛ばすスイングできるようになりました。球だけ拾ってあまり芝を削らないスイングです。いくら練習しても疲れない省エネスイングです。
ショットのイメージが湧いてきたシローさんが、最後に「ショットってロブショットを打つ感覚と同じなんですね」って言ってました。そうですね!!またの機会にお会いしましょう!


Archives

website by Cube Net