ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Terryさんのゴルフ留学日記 4 【USGTFラウンド研修最終日】

2010年04月23日

2009年3月8日(日)晴れ USGTFラウンド研修最終日
いよいよ、USGTFインストラクター研修のファイナルラウンド。
9時23分一組目のスタート。
8時にコースに来て約一時間ショットとパットの練習。
ショットは随分安定してきたが、パットのライン取りが何かしっくり来ない。
ショートパットが今一つすっきりしないうちにスタートの時間が来る。
今日は、昨日の成績順で組合せ。
私は一日目が2位だったので後の組みで田野、小嶋、原田とのペアリング。
案の定、パットが全く入らない、OUTで1−2m前後を5回はずす。
6番ロングでは50cmのパーパットをはずし、呆然。
気を取り直し、30cmのパットをわざわざ、ボールを置きなおしてラインを合わせたにもかかわらず手が動かずはずしてしまう。
最早、イップス状態。
我慢、我慢の一日。
それでも42,43の85ストロークでホールアウト出来たのは幸運以外の何者でもない。
1日目と併せてトータル167、スーパーシニアは172ストローク以下が合格ラインなので何とかクリアーできた。
板橋試験官のアテスト終了後、八木沼会長から、最初の二日間の指導実技テストとルールテストの結果を合わせて発表。
合格発表後USGTFの倫理綱領を遵守し、USGTFのメンバーとして恥ずかしくない行動を常に心がけるようにとの講話があった。
7名中4名合格。
自分も4名の中に入ることが出来た。
オーストラリアのゴルフスクールに短期留学4回目にして一つの目標がクリアーでき嬉しい限りだ。
G1で一緒に研修を受けた田野、小嶋、原田も合格。
残念ながら、タカは不合格と言うことでつらいが、レベル?の資格は得たのでレベル?への昇格のためのラウンド試験のクリアーを祈る。


Archives

website by Cube Net