ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パッティング編  ジャストタッチ・センシティブ・パッティングドリル

2010年06月08日


しのちゃんがトライしているドリルは、軽い1m弱のスライスラインをジャストタッチで左のコーナーギリギリからカランッと入れる練習です。カップのセンターにティーを2本差し込んでいるので、入り口が狭まって非常に難しい状況です。神経を研ぎ澄ましてボールのランニングスピードをコントロールできないと中々カップインできません!
しのちゃんの場合、テークバックを大きくとりすぎる傾向があったので、あらかじめボールの後方15cmにヘッドを置いてから、包み込むように低くボールを押すようにストロークさせました。この練習でパチンッとヒットして、ノー感じだったパットが、とてもリズム良く滑らかに打てるようになりました。
とても神経の使うハードな練習ですが、タッチ&コントロールは確実に磨かれます。コースがもし高速グリーンなら、ラウンド前にフック・スライスラインでこのドリルを練習してみてください。ミドルパットまで有効です!


Archives

website by Cube Net