ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

コーチのつぶやき 【 アークスイング 】

2010年08月05日

最近、こちらの天気は良好です!
というか、全く雨の降らない快晴の日が続いてるので、ゴルフ合宿でご参加の皆様もご満悦のようです!
ところで、今日から゛コーチのつぶやき゛と題して、ゴルフに関して見聞していること、こちらのゴルフ雑誌に掲載されている興味のあることやたわいのないものまで、何か役に立ちそうなことを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします!
さて、今日は「アークスイング」の話です。
私のレッスンの中で、よく生徒さんに発する言葉は3つあります。
「ソフト&スムーズ」
「インバランス」
そして、「ラウンド」です

このラウンドはゴルフ場を回るのではなく、クラブヘッドは身体の周りを回ることを意味しています。
ですから、パターからドラーバーまで私の持論は円軌道=アークスイングなのです。
タイガーウッズ選手が自分の言葉で載せているGolf Digest゛Tiger Tips゛でこんなことを言っています。
スタート前のパター練習でスライスラインを右にポンポン外している時は要注意!
ヘッドリリース(スクエアインパクトの後、トゥ側がヒール側を追い越す動き)がスムーズに行われていない証拠。
タイガーはこの動きを
Bleeders=嫌な動作 とか
my right hand freezes at impact=右手が固まってレートヒットしてしまう
と言っています。
こうなると、フルスイングにも影響してプッシュボールが出てしまうそうです。
タイガーの目指すところも、
「インサイド トゥ スクエア トゥ インサイド」
つまり、アークスイングなんですね!
タイガーは時々、パターでもショットでも右手一本で練習してリリースのタイミングとアークスイングを思い出しているようです。


Archives

website by Cube Net